mri 株式会社三菱総合研究所

社会課題解決をテーマとしたビジネスアイデアを募集します『モビリティ “Mobility”』『防災 “Disaster prevention”』『教育・人財育成 “Education/Human resoures”』社会課題解決をテーマとしたビジネスアイデアを募集します『モビリティ “Mobility”』『防災 “Disaster prevention”』『教育・人財育成 “Education/Human resoures”』

概要

未来共創イノベーションネットワーク ビジネスアイデアコンテスト

21世紀に入り、社会課題は国内外を問わず一層複雑・高度化し、これまでのように公的セクターの支援だけで解決するのは限界がきています。三菱総合研究所では山積する社会課題を革新的技術とイノベーションで解決し、持続的成長に結びつけるため、産官学市民が連携し、世界の知を集め、最適に組合せて共創・実現を促すプラットフォーム、「未来共創イノベーションネットワーク」(INCF)を設立いたしました。


INCFは、山積する国内外の重要な社会課題に対し、イノベーションによる解決策とビジネスモデルをデザインし、実践するためのプラットフォームです。 活動を通じ、豊かで持続・成長可能な社会の実現に貢献することをミッションとします。


INCFでは「ビジネスアイデアコンテスト」を開催いたします。各分野における国内外の社会課題解決を目指す、熱意のある方のご応募をお待ちしております。

アドバイザー

アドバイザリーボード

未来共創イノベーションネットワークの活動にご賛同いただいた国内外専門家、有識者をアドバイザーに迎えています。
詳しくはこちらからご確認ください。

お知らせ

  • 2017.07.18

    本サイトをオープンしました。

プログラム

対象とする社会課題解決テーマ

三菱総合研究所では研究成果として、各分野に関する社会課題を以下のように設定しました。なお、当コンテストへのご応募は、「モビリティ」「防災」「教育・人財教育」に関する内容であれば、下記の社会課題以外でも構いません。その場合は、応募フォームでご記入いただく応募テーマ(選択式)を「モビリティ_④その他」、「防災_③その他」、または「教育・人財教育_④その他」をお選びください。

  • モビリティ

    MOBILITY

    すべての人がクリーンで自由・安全に移動できる社会の実現を目指します。

  • 防災

    DISASTER PREVENTION

    すべての人が、災害から生命を守れる社会の実現を目指します。

    ※防災時のみに限らず、日常的に利用可能なもの・サービスを防災時に活用できるといった内容でもご応募いただけます。

  • 教育・人財育成

    EDUCATION /
    HUMAN RESOURCES

    すべての人が社会に貢献する力を得られる社会の実現を目指します。

応募概要

応募アイデアのステージ

下記いずれのステージでも応募が可能です。

オープンイノベーションを活用したアイデアの提案

実現の製品やソフトウェアは無いが革新的解決策のアイデアであること。また、アイデアの実現はオープンイノベーションを活用すること。必要なリソース(技術、製品、ネットワーク、販売網・・・)はそれらを持つ企業とマッチングを三菱総合研究所が支援します。

プロトタイプの製品・サービス・ソフトウェアによる解決策の提案

課題解決に有効な製品、ソフトウェアを保有している企業は、それを活用した解決策を提案すること。但し解決策は保有の製品、ソフトウェアだけで構成する必要はありません。不足するリソースがあれば、それを明確にしたうえで、組み合わせた解決策を提案することもできます。

参加メリット

専門的な知見を有する三菱総合研究所の研究員によるメンタリング

各領域の専門家や事業戦略の専門家などから成るメンター陣が、ビジネスモデルのブラッシュアップ、プレゼンテーションのスキルアップ、実際の事業立ち上げを支援。

賞金・副賞

優勝賞金
100万円 +(または選択による)副賞を設定。
副賞例
三菱総合研究所による事業化支援(許認可申請、実証実験実施支援、等)

審査プロセス

ビジネスアイデアコンテストのプログラムの流れは以下のとおりです。

一次選考(書類審査)

応募フォームにてご登録いただいた事業プラン、参加者のアピールポイント等の情報をもとに、社会課題の解決度合い・社会へのインパクト度合い・利用者のベネフィット・ビジネスポテンシャル・実現性など、複数の視点から総合的に判断します。

二次選考(プレゼンテーション審査)

一次選考の視点に加え、社会課題解決や事業プランに対する参加者の熱意などから総合的に判断します。

メンタリングの実施(1ヶ月)

三菱総合研究所の研究員によるメンタリングセッションを実施。今回のテーマ領域の専門家、事業戦略の専門家などから成るメンター陣が、ビジネスモデルのブラッシュアップ、プレゼンテーションのスキルアップを支援します。

最終審査

二次選考通過者は、ピッチコンテスト形式にて有識者や企業の事業開発担当者等の前でプレゼンテーションを行っていただきます。

スケジュール

  • 7月18日

    募集要項発表、一次選考(書類審査)募集開始
    ※締め切りまでに説明会実施予定

  • 10月1日

    一次選考(書類審査)募集締め切り

  • 10月中旬

    一次選考(書類審査)の結果を通知
    ※一次選考(書類審査)通過者は、二次選考(プレゼンテーション審査)を準備

  • 10月下旬

    二次選考(プレゼンテーション審査)

  • 11月上旬

    二次選考(プレゼンテーション審査)結果を通知

  • 11〜12月

    メンタリングの実施(1ヶ月)

  • 12月8日

    最終審査(ピッチコンテスト)開催

応募要件

応募資格

三菱総合研究所が提唱する社会的課題をビジネスによって解決することを目指す、資本金等(資本金、資本準備金、資本余剰金)1億円/100M$未満のベンチャー企業または個人。

応募内容

本プログラムが対象とする社会課題をビジネスで解決するアイデア・ビジネスモデルを応募してください。

  • 製品やサービスはまだ実現していないが、革新的な解決策となるアイデア
  • すでにサービスとしてローンチしている、またはプロトタイプがあり、それを活用した解決策

説明会について

開催日程が決まり次第、本WebサイトまたはFacebook等でご案内します。
説明会の内容は以下の通りです。

  • (1)未来共創イノベーションネットワーク設立趣旨のご紹介
  • (2)ビジネスアイデアコンテストの概要についてのご説明
  • (3)質疑応答

FAQ

プログラムが対象とする事業領域について

非営利事業は対象となりますか?

非営利事業は対象としておりません。

既にサービスをローンチ(事業提供)していても応募可能ですか?

応募可能です。また、既存事業があり、そのベースとなる技術を活用して今回のテーマ領域に新たに参入する場合も応募可能です。

複数の事業プランで応募可能ですか?

可能です。ただし採択される事業プランは1社につき1つとなります。

知的所有権について

知的所有権は誰に帰属しますか?

ビジネスアイデアコンテスト期間中に開発した事業プラン、プロダクトの知的所有権は参加者に帰属します。

そのほか

選考を通過し最終的に採択される企業数は何社になりますか?

最終審査(ピッチコンテスト)出場者は5~7社を想定しています。

コンテスト期間中の交通費や開発費などの経費は負担してもらえますか?

最終審査(ピッチコンテスト)に遠方から参加される方の交通費は運営が負担します。

個人でも応募できますか?

応募は可能です。