mri 株式会社三菱総合研究所

ウェルネスウェルネス

すべての人が健康で活き活きと輝く社会の実現を目指します

サブテーマ

未来共創イノベーションネットワークでは、下記3点を実現することが、ウェルネス分野の社会課題解決において大きなインパクトを与えると考えています。

個人別予防・健康管理
イノベーション

社会問題

  • 生活習慣病関連の医療費が増大

    生活習慣に起因する疾病(生活習慣病)は、国民医療費の約3割、死因別死亡数の約6割を占めており、高齢化の進展に伴い今後その割合はさらに増大する。

取り組むべき課題

  • 予兆把握・予防による健康の維持・増進

イノベーション事例

  • 生活習慣病発症リスクの事前把握
    安価で継続しやすい健康モニタリングデバイス等
  • 地域や場所によらない生活習慣病予防システム
    モバイル相談、休業中の医師・看護師のネットワークによる新たなサービス等

医療介護需給ギャップ解消
イノベーション

社会問題

  • 医療サービスの需給ギャップ

    国内大都市圏では高齢者が急増し適切な医療サービス提供が困難になっている。医療施設・人材が不足していることに加え、医師や看護師が補助スタッフに委ねられる一般業務に忙殺されていることが、状況を悪化させているとも言われる。一方、地方都市は人口減少に伴い医療施設が過剰となり、医療施設の効率的なサービス継続が困難になる。

取り組むべき課題

  • 医療・介護サービスの効率的な提供

イノベーション事例

  • ケアの質・生産性を向上させたシステム
    高度医療情報集約によるかかりつけ医支援システム、遠隔診断を利用した需給マッチング等
  • 介護業務の効率化
    介護業務におけるICT活用、介護ロボットの導入、地域の医療・介護施設等の情報ネットワーク構築

シニア/障害者向け機能代替・強化
イノベーション

社会問題

  • 自立維持が困難な高齢者の増加

    自立を維持できる高齢者の割合は、70代半ばでは80%程度を占めるが、80代後半では10%程度に低下する。また、この状況を補い、QOLの高い生活を維持する手段が不足してる。

取り組むべき課題

  • 高齢者の自立度向上

イノベーション事例

  • 高齢者の自立を促進・サポートする、新たな手段の確立
    ロボティクスを活用した日常生活動作支援、ウェアラブルデバイスを活用した介護予防サービス、VR等を活用したアクティビティ空間

過去のファイナリスト

  • 2016 ウェルネス 最優秀賞
    Chrono Wellness:世界初、体内時計を可視化して、睡眠を改善するサービス

    株式会社オー 代表 谷本潤哉氏

    健康と睡眠に密接に関わる体内時計に着目し、“CBT”(不眠症に対する認知行動療法)を組み合わせた総合的な不眠治療サービスを考案。非侵襲型では世界初の腕時計型デバイスで体内時計のズレを可視化し、CBT搭載の不眠解決アプリで体内時計を調整し、睡眠の質を向上させる。セルフケアでありながら不眠症の根本治療を実現する。
    詳しくはこちら

  • 2016 ウェルネス 三菱総研賞
    『健康維持のための快適環境整備』
    〜プラズマ・静電気力による大気汚染・感染症対策〜

    水野彰氏

    大気汚染・感染症の課題に対し、コア技術(プラズマ、静電気)を用いて微粒子・菌・ウイルスを“見える化”して感染経路を把握し、適切に“防御” “攻撃”を行う総合的な感染症対策を考案。BtoCにはマスクなどの単品販売を、BtoB(公共交通機関、保育・学校、介護、医療現場など)には“見える化”“防御”“攻撃”を組み合わせた総合的ソリューションを提供。
    詳しくはこちら

応募概要

  • 参加のメリット

    各領域の専門家による様々な支援や賞金について、詳しくはこちら

  • 審査プロセス

    当プログラムは4つの審査手順により選考いたします。詳しくはこちら

  • スケジュール

    応募の締め切りから最終審査までの各日程について、詳しくはこちら

その他のテーマ

当プログラムは、以下のテーマについても募集しております。

上記6課題に加え、複数課題にまたがる複合的な課題等についても、ビジネスを募集します。

※AI・ブロックチェーン等の基盤技術のみにフォーカスしたビジネスは対象外とさせていただきます。