mri 株式会社三菱総合研究所

防災

すべての人が災害から生命を守れる社会の実現を目指します

防災時のみに限らず、日常的に利用可能なもの・サービスを防災時に活用できるといった内容でもご応募いただけます。

サブテーマ

未来共創イノベーションネットワークでは、下記4点を実現することが、防災分野の社会課題解決において大きなインパクトを与えると考えています。

災害時の対応力強化
イノベーション

社会問題

  • 災害発生時に迅速な避難が出来ない

    災害の予兆、予測および予報の情報が与えられても、適切な避難行動や実効的な避難を支援する体制が整っていないことにより、津波、火災、土砂崩れ等といった2次災害による被害が頻発している。

取り組むべき課題

  • リスク予測に基づく災害発生後の行動最適化

イノベーション事例

  • 災害疑似体験、防災教育を通じた災害認知後の行動力強化
    防災訓練アプリ、VRによる災害疑似体験システム等
  • 個人の状況に応じた避難指示発信システム導入(居住エリア・家屋の状態別等)
    個人別避難指示発信システム、AIによる被害予測、避難指示
  • 災害発生後の安否確認・捜査支援システム導入
    家庭内・産業界の既存IoT機器の情報活用
  • 予測技術の向上
    災害の予測精度向上、観測網の強化

被災後のQOL向上
イノベーション

社会問題

  • 災害発生後のライフライン確保が弱い

    災害発生後の救援物資・人材の輸送効率が低く、最低限の生活環境(特に飲料水、下水・トイレ等)が確保出来ない。

取り組むべき課題

  • 発災後の被災者生活環境の向上

イノベーション事例

  • 救援人材・救援物資と被災状況をマッチング・配分するシステム
    IT高度活用による救援人財・救援物資・被災状況の需給マッチングシステム
  • 救援物資を素早く、かつ確実に被災地・被災者に届ける輸送方法
    ドローン等による非常用通信中継機・医療品等搬送、人体強化スーツ、途切れない物流網の整備、AIによる災害時ロジスティクス最適化判断
  • 下水施設の長期機能不全への対策
    自己完結型の水洗トイレ等
  • 仮設住宅の安価かつ素早い提供を実現する仕組み
    災害用の空き家プール制度の創設等

レジリエントなインフラ
維持管理イノベーション

社会問題

  • レジリエントなインフラ維持管理対応の遅れ

    社会インフラの老朽化にともなう維持・管理に必要な財政確保、暴風雨、洪水、巨大地震など自然災害への備えなど持続可能かつ強靭な地域づくりが必要。安全な水を提供する上水道も同様で、特に人口減少の著しい地域では効率的な更新・再構築方法が求められる。

取り組むべき課題

  • インフラ長寿命化、強靭な社会の構築

イノベーション事例

  • リスクベース保全によるインフラ整備
    AIを活用したリスク把握、インパクト評価に基づく保全コストの見直し
  • 高度かつ効率的な維持管理システム
    メンテナンスフリーの水道インフラ、ドローンを活用したインフラ点検、水道管・ガス管を内部から補修する技術等
  • 先端技術が内蔵されたタイヤの開発
    公用車(ゴミ収集車等)のタイヤに路面状況(舗装、劣化状況等)を把握できるセンサを搭載 、路面と親和性のあるタイヤの開発

持続的且つ強靭な都市開発
イノベーション

社会問題

  • 都市化の波にインフラ・サービスが追いつかない

    発展途上国の急激な都市化が進む中で、水・食料、エネルギー、住宅、医療、学校などの都市インフラの整備が追い付かず、経済発展や日常生活の維持が懸念される。また、洪水、暴風雨、海面上昇等の自然災害により沿岸都市の脆弱性が増大する。

取り組むべき課題

  • 持続的かつ強靭な都市開発

イノベーション事例

  • 都市機能の高効率化
    レジリエントシティの構築、地域ごとのコンパクトシティ分散配置、インフラを自動化したセンシングシティの構築等
  • ITインフラの整備
    電力が不安定な地域において安価にインターネットに接続できる仕組み、衛星コンステレーション(衛星インターネットで地球全域をカバー)

過去の受賞者

  • 2017第二弾 防災 最優秀賞
    ロボット&AIでエネルギーインフラの災害を防ぐ

    知能技術株式会社

    JXTGエネルギーと共同開発した人工知能搭載の巡回検査ロボットで、老朽化が進むプラント施設の災害予兆を検知し、社会の安全を守る。
    詳しくはこちら

応募概要について

参加のメリットおよび審査プロセス・スケジュール等については、以下よりご確認下さい。

その他のテーマ

当コンテストは、以下のテーマについても募集しております。

上記6課題に加え、複数課題にまたがる複合的な課題等についても、ビジネスを募集します。

※AI・ブロックチェーン等の基盤技術のみにフォーカスしたビジネスは対象外とさせていただきます。

※INCF本体の問い合わせフォームに移動します